ロゴ

教育体制

教育の特徴

教育体制

精神科初心者でも親切、丁寧に指導します。充実した研修内容。

教育体制

教育目的

1.看護専門職として、生涯にわたり継続教育に参加し、倫理的責任を養う

2.病院経営に参画する

3.臨地実習指導者の育成をはかる

4.看護専門職として、適切な看護を提供するために必要な知識、技術、態度の向上を促す

どんな看護師に育ってほしいか

患者様の人権を尊重した看護ができる

患者様の人権を尊重した看護ができる

エビデンス(根拠)に基づいた看護が提供できる

エビデンス(根拠)に基づいた看護が提供できる

人間対人間の看護がわかる看護師

人間対人間の看護がわかる看護師

治療的な自己利用ができ、問題に対するアプローチをすることができる

治療的な自己利用ができ、問題に対するアプローチをすることができる

入職時研修

新人看護師トレーニング

入職時も不安なく、患者さまに対して確実な看護ができるよう「基本的な看護技術」の訓練と「精神科看護とは何か」を学びます。

プリセプター制度

病棟に配属された後は、先輩看護師により1年間、看護業務や社会人のマナーを学んでいきます。ポートフォリオを使い、1年後の成長が実感できます。

  • 院外研修
    職能団体の学会や看護研修会への参加も積極的に行っています。学びたいと思えば、新しい課題などの学習ができる環境です。
  • 現任教育
    精神科の疾患と看護を基本に、救急看護、認知症看護、看護記録、CVPPP等スキルアップ、医学講座を学ぶことができます。
    平成27年度 教育委員会(平成27年 4月1日 看護部)
プリセプター制度

教育の段階

新人

  • 目的 精神科における基礎知識・技術が習得できる
  • 目標 1.病院組織の一員として自覚をもち円滑に職場適応できる
    2.患者をひとりの人間として捉え看護を展開することができる
    3.基本的な看護技術が身についている
    4.精神科看護師として基本的な姿勢と知識が理解できる
項目
オリエンテーション
ポートフォリオ
精神疾患の看護
精神科看護初心者研修会
看護記録①3回/年
救急看護(基礎)
看護方式①(固定チーム)
認知症疾患の看護
他病棟実習
CVPPP(レベル1)
看護を語る会 静脈注射(准看護師対象)
静脈注射(准看護師対象)
内容
講義・技術トレーニング
ポートフォリオとは 導入・中間評価・発表
精神疾患患者の対応
日本精神科看護技術協会研修参加
①基本②看護診断③事例(アセスメント)
救急蘇生技術トレーニング
基本理解と日々の看護活動チーム
認知症疾患患者の看護の基本
自部署以外の医療環境の理解
①ディエスカレーション②ブレイクアウェイ
1年の看護をポートフォリオを用い振り返る
抗議・技術トレーニング

2年目

  • 目的 看護チームにおいてメンバーシップを発揮できる
  • 目標 1.チームメンバーの役割と責任を果たし、状況に応じたメンバーシップが発揮できる
    2.個別性のある看護の展開を実践する
    3.重症度、緊急性、安全性を考慮し優先度に応じた看護の展開を実践する
項目
アサーション入門
看護方式②(固定チーム)
フィジカルアセスメント・フィジカルイグザミネーション
ケーススタディ
再発見:精神科看護過程の展開
就職2年を経過して
内容
外部研修参加
メンバーとしての機能とメンバーシップの発揮
外部研修参加
受持ち患者の事例をまとめ発表する
外部研修参加
2年目を振り返る

3年目

  • 目的 看護チームにおいてリーダーシップを理解する
  • 目標 1.リーダーとしての役割を理解し、自立し、適切な看護実践ができる
    2.リーダーシップを理解しリーダーとして主体的に行動ができる
    3.看護研究の意義、目的を理解しメンバーとして看護研究に取り組む
項目
看護方式③(固定チーム)
(固定チーム関東地方会参加)
プリセプター研修
メンタルステータスイグザミネーションを学ぶ
看護研究
内容
サブリーダー
外部研修で他施設の取り組みを知る
プリセプターとは、役割と実践
外部研修
研究の意義と概論

4~6年目

  • 目的 リーダーシップを発揮し看護実践のモデルになり、指導できる
  • 目標 1.創造的な看護の工夫や業務改善に取り組むことができる。
    2.自己の看護観を明らかにしてチームへ良い影響を与えることができる
    3.看護単位における看護研究の推進力になれる
項目
リーダーシップ
看護研究(院内)
中堅のための基本研修会(前篇)
中堅のための基本研修会(後篇)
看護研究(院外)
内容
リーダーシップ研修終了者の講義
研究の倫理と専門性の向上
外部研修
外部研修
職能団体の学会での発表

スキルアップ

  • 目的 専門性を深める
  • 目標 1.専門職業人として自律し、モデルとなる行動ができる
    2.経験の機会をうまくとらえて、自己の変革にいかす
    3.看護の質向上に向けて教育的活動ができる
    4.看護職員として適切な役割を果たすため看護、医療に関する幅広い知識を習得する
    5.患者を全人的に理解する為の感性と柔軟性を高める
項目
気づきを活かす事例検討会
事例検討会入門
暴力の対応方法(CVPPP)
暴力の対応方法(CVPPP)
救急看護
救急看護講習
認知症の理解とケア
行動制限最小化の基本と実際の取り組み
内容
外部研修 5回シリーズ(2名推薦)
外部研修 1日研修 (2名推薦)
院内研修 看護要員対象
外部研修
BLS資格取得(2名推薦)
院内研修 看護要員対象
外部研修(2名推薦)
外部研修(2名推薦)

医学講座

  • 目的 専門性を深める
  • 目標 疾患を理解し、エビデンスに基づいた看護ができる
項目
統合失調症
画像診断について
老年期精神障害看護
薬物療法について
パーソナリティ障害
生活習慣病・糖尿病について
心電図
認知症
内容
病態理解と精神科看護の基本を学ぶ
画像の読み取りかたを学ぶ
老年期に多い疾患と特有の症状を学ぶ
抗精神病薬や抗うつ剤の主副作用
看護者が疲弊しないために知るべき事
食事療法について
認知症疾患医療センター