病院紹介

理事長挨拶

 慈雲堂病院、理事長の田邉でございます。

 当院は昭和4年の開設以来、精神科医療の草分け的存在として、心病める方々の治療と社会復帰の促進に力を注いできました。また、市街地に隣接する都市型病院として、早くから開かれた精神医療の実践に努め、近年にいたってはハードとソフトの両面にわたる改善を重ね、内科外来診療、デイ・ケア、高齢者ケア、訪問看護など幅広いニーズにお応えする地域医療の拠点病院として活躍しております。

 病院スタッフ一同、より多くの患者さまに安心して満足できる医療を提供できるように、日々努力しております。どうか皆様よろしくお願い申し上げます。

 当院は、現在次のような疾病の治療に力を入れております。

【 精神科急性期医療への対応 】
予期せぬ急な精神症状の出現や増悪に迅速に対応して治療に導きます。可能な限り早期の退院を目標にして社会復帰を目指します。
【 認知症への対応 】
超高齢社会の到来により要望の多い認知症の診断・治療について、認知症治療に精通したスタッフが外来と入院治療を行っています。

沿革

昭和4年7月
現在地に田辺日草が石神井慈寮院を開設
昭和6年
慈雲堂病院と改称
昭和7年4月
救護法の指定病院となる
昭和11年1月
東京府代用精神病院指定となる
昭和30年9月
医療法人社団 慈雲堂病院として発足
昭和32年9月
東京精神病院協会准看護学院を併設
昭和33年8月
基準看護実施(3類) 勤務3交代制実施
昭和33年10月
東京精神病院協会准看護学院を移転
昭和48年7月
慈雲堂病院を慈雲堂内科病院に改称
昭和49年4月
内科診療開始
昭和62年5月
デイケア開始
平成元年8月
医療相談室開設
平成4年5月
大規模デイケア施設承認許可
平成6年5月
精神科作業療法施設承認許可
平成6年6月
老人性認知症疾患治療病棟(50床※)および療養病棟(36床)完成
※東京都老人性認知症専門病棟として稼働
平成6年11月
薬剤管理指導施設基準届出
平成7年12月
大規模デイケア施設の規模変更(70人)およびナイトケア施設基準届出(20人)
平成9年3月
訪問看護ステーションの指定を受ける
平成12年6月
精神科デイケア 50人規模2単位に変更
平成13年4月
応急入院指定病院に指定
平成14年10月
東京都精神科救急医療体制に参加
平成15年2月
練馬区と災害時の協力協定(二次非難拠点への給食支援、住民への飲料水提供)を締結
平成18年8月
新病棟(A棟221床)が完成、旧病棟の一部を使用終了
平成19年2月
旧病棟の改築完了、F棟(210床)として使用開始
病床総数は604床に変更
平成24年11月
内科療養病棟を一般病棟に変更(病床総数603床)
平成25年10月
グループホーム「まいとりぃ」運用開始
東京都精神科医療地域連携事業(区西北部)を受諾
平成25年12月
精神科の初診予約制開始
平成26年4月
法人名を「医療法人社団 じうんどう」、病院名を「慈雲堂病院」に改称
平成27年3月
総病床数を543床に変更

概要

名称 慈雲堂病院
じうんどうびょういん
所在地 〒177-0053
東京都練馬区関町南4-14-53
電話 03-3928-6511
FAX 03-3928-6626
開設年月日 昭和4年7月24日
理事長
院長
田邉 英一
名誉院長 武正 建一
病床数 精神科 513床・内科 30床(合計543床)
施設基準 精神科 精神病棟入院基本料15:1
精神科急性期治療病棟入院料1
精神療養病棟入院料
内科 一般病棟
認知症 老人性認知症疾患治療病棟入院料1
研修等認定 臨床研修協力施設(新臨床研修医制度による)
精神科専門医制度による研修施設(精神神経学会)