デイケア室

デイケアのご案内

デイケアとは

デイケアは地域での生活をしながら通うことができる施設です。

朝から夕方ごろまで開かれており、そこで仲間と共に一日を過ごすことができます。

午前と午後にそれぞれプログラムがあり、その間に昼食の時間があります。

プログラムでは、スポーツ、手工芸、レクリエーションなどの活動を行っています。

また、利用者の方の必要に応じて、生活講座やコミュニケーションの練習、就労支援などを実施しています。

デイケアはこれらの取りくみを通して、社会復帰をしていくためのリハビリの施設です。

“生活のリズムを整えたい”

“仲間をつくりたい”

“はなしをする練習をしたい”

“日中なにもすることがないので、やることをみつけたい”

“仕事をするための準備をしたい”

デイケアにはそんな様々な目的をもった仲間が通っています。

利用日について

デイケア 月曜日から金曜日 9:00 ~ 15:30
(昼食を提供できます)
デイナイトケア 月・火・金曜日 9:00 ~ 20:00
(昼食・夕食を提供できます)

参加費用に関して

デイケアの参加には利用料がかかりますが、各種健康保険・助成制度を適用することができます。
健康保険の種類、世帯の収入によっては、費用の負担がかからないことがあります。
実際の窓口負担額は以下のようになっています。ご不明な点がございましたら、詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

国民健康保険・自立支援制度を利用の場合

  開始から1年以内 2年目以降
デイケア 820円 770円
デイナイトケア 1,160円 1,110円

生活支援デイケアと就労支援デイケア

平成28年4月から、「生活支援デイケア」と「就労支援デイケア」に分けて運営を行っています。
デイケアご利用の際は、利用目的に応じてどちらかに所属をしていただくことになります。
なお、それぞれの方の状況に応じて、この2つのデイケアの所属を移動させることも可能となっています。

生活支援デイケアについて

対象 : 地域生活を安定して送りたい方
支援内容 : 生活リズムを安定して、より充実した地域生活を送るための支援

プログラムの紹介

デイケアには様々な目的をもったプログラムがあります。
プログラムは自分の目的に合ったものを選んで参加することができます。

  • 地域での生活を支えてゆく学びの場
    1. 日常生活講座
    2. 社会資源講座
    3. パソコン教室 など
  • 手先をつかってなにかを作りだすもの
    1. 陶芸
    2. 籐工芸
    3. 革工芸
    4. 木工芸
    5. その他各手工芸
    6. 書道・ペン習字 など
  • みんなとわいわい楽しみながらするもの
    1. カラオケ
    2. 音楽
    3. バンド活動
    4. 茶道
    5. 季節行事
    6. 外出など
  • 体を動かしてリフレッシュさせるもの
    1. フィットネス
    2. 体操
    3. 卓球
    4. 室内ゲーム
    5. 散歩
    6. 頭の体操など
  • 将来のステップアップのために取り組むもの
    1. 就労支援プログラム(企業見学、ハローワーク訪問、履歴書作成、模擬面接、プレゼン実習 など)

就労支援プログラムの紹介

当デイケアではグループでの就労支援プログラムを行っています。
プログラムを通してご自身の病気やコミュニケーションの訓練、社会人としての知識や自分自身に合った働き方などを学びます。
また、この就労支援プログラムではIPSモデル(※)を取り入れています。

  • 就労支援
    1. 就職のために必要な自己分析、ビジネスマナー、ストレス対処方法などについて、オリジナルワークブックとグループワークを通して理解を深めていきます。
  • 就労コミュニケーション
    1. 働くために必要なコミュニケーションスキルをSST等の技法を用いて深めていきます。
  • パソコン教室
    1. 就職活動に必要となるインターネットの活用法について実習を行います。
  • 採用試験対策
    1. 就職活動に必要な履歴書、職務経歴書、自己PR文の作成、面接対策等を行っていきます。
  • Have a Nice Day!
    1. 週の終りにみんなで楽しむ息抜きプログラムです。
  • 自主活動
    1. 敢えてみんなで決まったことを行わない、それぞれで作るセルフオーダーメイドプログラムです。スタッフも必要に応じて色々な支援をさせていただきます。
  • ハローワーク主催プログラム
    1. ハローワークの方に来ていただき、面接のポイント、求人票の見方についての講義や個別面談等をしていただきます。
  1. 週に1回開催
  2. 6ヶ月を1クールとした参加者クローズド制
  3. ワークブックを利用した講義を中心に実施
  4. ビジネスマナーや企業見学、職場実習など

※IPSモデルについて・・・
一般就労への有効性が実証されているモデル

  • 対象者は「働きたい」という気持ちをお持ちの全ての方です
  • 短時間、短期間でも一般就労を目指します
  • 就労支援の専門家と精神保健福祉の専門家がチームになって支援します
  • 希望の職場を職員と一緒に探します
  • 社会保障に関する情報提供をします
  • 職探しは本人の技能や興味に基づきます
  • 就職後のサポートを継続的に行います
  • 上記の1~7は利用者の好みや希望が優先されます

認知症デイケアのご案内

認知症デイケアご案内

Q&A

  1. 慈雲堂病院以外の外来に通院していてもデイケアは利用できますか?
    はい。その際は、外来の主治医の先生に当デイケアの「診療情報提供書兼デイケア指示箋」を作成していただきます。
  2. デイケアは毎日通わなくてはいけないのですか?
    いいえ。ご自身の目的に合ったペースで参加が可能です。
  3. どのような年代の方が多いですか? また、男女比は?
    20代から80代までの幅広い年齢層の方が利用されています。全体としては40・50代の方が多いです。男女比は男性約6割、女性が約4割となっています。しかし、最近は就労支援プログラム等の活性化により、若年層の方、また女性の方の新規利用が増えてきています。