新着情報

新着情報

子宮頸がんワクチン接種のご案内

2015.04.19

子宮頸がんとは、子宮の入り口付近を子宮頸部といいます。この部位に発症するガンを“子宮頸がん”といいます。
子宮頸がん発症の原因はHPVウィルスの感染が原因です。HPVウィルスはヒトパピローマウィルスといい、主に性交渉によって感染します。
このHPVウィルス15種類のうち、16型、18型のウィルスが特に子宮頸がんの発症の原因になっていますが、これら二つの型の感染を予防するワクチンがあります。それが、この子宮頸がん予防ワクチンです。
ワクチン接種は、半年間に3回接種となります。詳しくはお問い合わせください。

【当院での接種について】
受付:当院内科外来までお電話にてご予約ください!電話:03(3928)6511 代表
費用、接種スケジュール:
 1回目接種19,320円(税込み)
 2回目接種16,590円(税込み)※接種時期:1回目接種の1ヶ月後
 3回目接種16,590円(税込み)※接種時期:1回目接種の半年後
    合計52,500円(税込み)
年齢制限:16歳以上の方が接種できます。
子宮がん検診:ワクチン接種後も子宮がん検診はこれまで通り実施してください。詳しいことは1回目の接種の際に医師からお話いたします。
国や地方自治体の助成:現在は国の助成制度はありませんが、地方自治体によっては助成政策を実施しているところがあります。お住まいの役所にお問い合わせください。

当院内科外来では、子宮頸がん予防ワクチンの接種と健康診断をパックにした『健康診断同時実施パック』をご用意しております。費用は、ワクチン3回接種費用を含み合計で¥58,275.-となっております。詳しい内容は予約時にお尋ねください。
これを機会にご自身の健康チェックをなされてはいかがでしょうか。